2015年07月11日

セブン』セブンモモク

キリスト教に伝わる7つの大罪に関連した連続猟奇殺人事件を描いたデヴィッド・フィンチャー監督の出世作. この作品以降、香港映画の『ダブル・ビジョン』など似たような作品が作られているところを見ると非常にエポック・メイキングな映画だと思います. 『エイリアン3』でも象徴されたように暗い雰囲気と映像が持ち味のこの監督. でもやはりこの映画の凄いのはアンドリュー・ケビン・ウォーカーの脚本でしょう. 降り止まない雨、電車の振動がひどいアパートの部屋、とても静かな図書館、そして乾いた空気と何かがおかしい雰囲気が漂う砂漠でのラスト. 暴食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒という7つの大罪に関連した事件を解決に当たるのは残り7日で退職となるサマセット刑事. 新任のミルズ刑事との月曜日から始まった捜査が終了するのは7日目の日曜日. 本当にものの見事に計算された脚本だと思います. 特にあのラストは衝撃的でした. まさかあのような形で7つの大罪を全て完成させるなんて・・・. また俳優陣も素晴らしかったです. この映画で注目されたケビン・スペイシーの何とも言えない気味の悪い雰囲気. 冷静にかつ慎重に犯人の真意を測るモーガン・フリーマンと熱く燃えるブラッド・ピットのコンビも素敵でした. そしてこの映画での競演がきっかけとなってブラピと婚約までしたグウィネス・パルトロウ. 本来ならミルズの妻役ということでインパクトは薄いはずなのですが、意外と記憶に残っていたのが驚きでしたよ. やはり映画は優れた脚本とそれを映像化できる監督の力量があってこそ素晴らしいものとして完成するもの. もうすぐ公開されるデヴィッド・フィンチャー監督最新作『ゾディアック』も予告編からは『セブン』と似たような雰囲気が漂ってますし、実際にアメリカで起きた未解決連続殺人事件であり、ロバート・ダウニーJr.の復活が見れる作品だけに非常に楽しみです. 深夜らじお@の映画館 はウルトラセブンも大好きです. 時はまさにアイドル戦国時代! そこに新たに参入するグループがいます! それが、「私立恵比寿中学」! ! ・・・パッ、パンク! ? (笑) これは彼女たちのメジャーデビュー第1弾シングル「仮契約のシンデレラ」のジャケット! はっきり言って、怖い! しかし、これは本来の姿ではないのです! こちらが本来の姿! ! ・・・ギャップありすぎでしょ・・・(笑) こちらがライブ映像! さすが、モモクロの妹分! キャッチフレーズは「 キング・オブ・学芸会 」! ! そもそも私立恵比寿中学とは! ? ももいろクローバーの妹分グループとして2009年に結成. グループ名の「恵比寿」はスターダストプロモーションの所在地である東京都渋谷区恵比寿に由来する. 架空の学校「私立恵比寿中学 1年B組」として、「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をキャッチフレーズに家電量販店やショッピングセンターなどでの無料公演を中心に活動を行う. ももいろクローバーにも楽曲を提供している前山田健一(別名: ヒャダイン)が音楽主任教員に就任しグループの主要な楽曲を手掛けるようになって以降、アッパーでクセのある楽曲やステージからのティッシュばら撒き、キョンシーをモチーフにしたメイクで踊るなどの一風変わったパフォーマンスがアイドルファンのみならずサブカルチャーを好む一部の人達からの支持を受け、「今、会えるサブドル(サブカルアイドルの略)」を名乗るようになる. ルブタン ブーツ 2012年2月22日、デフスターレコーズから2012年5月5日にメジャーデビューすることが発表され、2012年3月4日にラゾーナ川崎にてメジャー仮契約調印式を行った . 引用元: wikipedia そして、先日(5月4日)東京・ラフォーレミュージアム原宿にてイベントが行われました! その名も「エビーダダ、祝交渉成立!!全員そろって初来日」! ! このイベントは、メジャーデビュー記念ツアー「私立恵比寿中学 スプリングデフスターツアー 〜こりゃあ春からエビがいい! 〜」の一環として実施されたもの! 毎回趣向を凝らしたステージが展開されているが、今回はメンバー9人が「エビーダダ」として、この日限りのパフォーマンスを繰り広げたのです! ! これが小生の一番のお気に入り! すごいな(笑) 毎日、異なったライブをする私立恵比寿中学! 本日、5月6日にはラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場グランドステージにてツアー関東公演ファイナル2公演が行われます! また、5月12日・13日には大阪、5月20日には名古屋でもツアー公演が予定されている! 気になる人はぜひこの機会に足を運んでみてください! 各公演の詳細や物販情報は、エビ中オフィシャルサイトおよびブログにて確認を! ! ゴールデンウィーク最終日、また月曜日から頑張りましょう.
posted by AnzaiRanran at 13:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください