2016年02月11日

米高官「子の親権問題、考えて」 拉古久美致被害

米国のキャンベル国務次官補が、北朝鮮による拉致被害者家族会と7日に会談した際、国際結婚が破局した際の子の扱いを定めた「ハーグ条約」の問題などで日本側の取り組みを求めた. これに家族会が反発し、増元照明事務局長が「子の親権は夫婦間の問題で、拉致は国家的な犯罪だ. 同一視するのは納得できない」と反論した. 米政府は以前から、日米の国際結婚が破局した後、日本人の親が子どもを連れて帰国し、その後米国人の親が子どもに全く会えない事例が多発しているとして、「一方の親による子どもの拉致」と問題視. こうした場合の扱いを定めたハーグ条約に加盟するよう日本に求めているほか、条約の適用対象外となる過去の事例についても、解決を求めている. ビーチバレーの国内ツアー第3戦、大阪オープンの決勝が22日、大阪市の靱テニスセンターであった. ロンドン五輪代表の朝日健太郎(フォーバル)、白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組が井上真弥、長谷川徳海(ペボニア・ボタニカ)組を2―1で破り優勝した. 朝日・白鳥組にとって五輪前最後の公式戦. 第2セットを落とし、第3セットも一時は4点差をつけられる苦しい展開となったが、相手のミスや朝日の連続ポイントなどで逆転勝ちした. 五輪2大会連続出場の底力を発揮した朝日は「最後の最後に1点を上回ることができた. 大事な五輪前に優勝できて、はずみがついた. これで気持ちよくロンドンに出発できます」と健闘を誓った.
posted by AnzaiRanran at 03:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。