2016年01月17日

新ファッションアイコンは英ファーストレデ

自身のブランド「ウィンター・ケイト」を手がけるデザイナーでもあるニコール・リッチーが、長年のパートナー、ジョエル・マッデンと4年間にわたった交際の末、ついに結婚式を挙げた. 式は、ビバリーヒルズで友人と家族だけを招いた親密なもので、ベストマンをジョエルの双子の兄でグッドシャーロットのバンドメイトでもあるベンジー、ブライズメイドをサマンサ・ロンソンが務めた. 結婚式の写真はピープル誌で公開され、掲載料として6万ポンド(約800万円)がチャリティに寄付されたという. 2人の間には、2歳になるハーロウちゃん、15カ月になるスパロウ君がいる. ドナテラ・ヴェルサーチは、「アトリエ ヴェルサーチ」の2012-13年秋冬オートクチュールコレクションのランウェイを、2012年7月1日(現地時間)にリッツ パリにて開催することを発表した. ショウは、19時30分と20時30分の2部制で行われる予定. 同ブランドは、2011年1月にパリ・クチュールへの復活を遂げてプレゼンテーション形式でコレクションを発表したが、ランウェイを披露するのは2004年以来となる. リッツ パリのサロン ヴァンドームは、ジアンニ・ヴェルサーチが1990年から最後のランウェイとなった1997年7月まで、何度もショウを開催した場所. またジアンニの他界後も、ドナテラが長年ショウを開催した「アトリエ ヴェルサーチ」にとって非常に思い入れの強いホテルだが、大規模な改装のため7月31日(現地時間)をもって休館となる. ドナテラは、「兄と共に多くの特別な時間を過ごしたリッツ パリで復帰できることは、とても感動的なことです. 2年間にもおよぶ休館は、一つの時代の終わりと新たな時代の幕開け. 最後にここで『アトリエ ヴェルサーチ』のショウを行うのは、記念すべきことです」とコメントした. イギリスのデービッド・キャメロン新首相の妻、サマンサ・キャメロン夫人が早速、新ファッションアイコンとして注目されている. サマンサ夫人は、貴族出身ながら、大学ではファインアートを専攻、その後ステーショナリーブランド「スマイソン」のクリエイティブディレクターを務めるなど、これまでのファーストレディとは異なるユニークな経歴の持ち主だ. ファーストレディに就任してからというものの、アーデムやフィリップリムなど、若手デザイナーからワードローブの提供を受けたほか、最近では、アメリカの大御所デザイナーであるオスカー・デ・ラ・レンタも彼女に魅了されているようだ. オスカー・デ・ラ・レンタは、これまでにナンシー・レーガンやヒラリー・クリントン、ローラ・ブッシュなど歴代のファーストレディの洋服を手がけてきた. デイリー・メールとのインタビューで、オスカーは「サマンサ夫人はルックスがいいね. 私のもとに訪れたファーストレディなら誰でも喜んで洋服をデザインするよ」とコメントした.
posted by AnzaiRanran at 16:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。