2015年11月01日

米朝協議、北京で開始 ウラン濃縮停止が焦点

北朝鮮の核問題を巡る米朝協議が23日午前、北京の北朝鮮大使館で始まった. 協議は昨年10月以来で、金正日(キム・ジョンイル)総書記死去で後継者となった正恩(ジョンウン)氏による新体制下では初めて. ウラン濃縮活動の停止に北朝鮮が応じれば、2008年12月以来の6者協議再開に前進する. 米側はデービース米北朝鮮政策特別代表、北朝鮮側は金桂寛(キム・ゲグァン)・第1外務次官が代表団を率い、午後には米大使館で再び協議する. 23日だけの予定だが、米側は協議の行方次第では24日も続行するとしている. 協議を巡っては、金総書記死去の直前、北朝鮮がウラン濃縮活動の中断を示唆し、米国が「見返り」として食糧支援に応じる方向でまとまりかけていた. 正恩新体制は先代の路線を踏襲する「遺訓」を強調しており、金総書記時代の交渉の成果を土台にする可能性が高い. 米側も「北朝鮮が権力移行から比較的早い時期に協議再開を選んだのは前向きな兆候だ」(デービース代表)と受け止めている. 食糧支援の内容で溝が埋まれば、核問題で一気に進展する可能性がある. (北京=村山祐介、貝瀬秋彦). スペインのアストゥリアス皇太子財団は23日、「スペインのノーベル賞」とも呼ばれるアストゥリアス皇太子賞のコミュニケーション及びヒューマニズム部門に、人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」などを手がけた任天堂代表取締役専務の宮本茂さん(59)が選ばれたと発表した. 10月にスペインで授賞式があるという. 同財団のウェブサイトは受賞理由として、「思想や民族、国境を超えたコミュニケーションの新たな形を生み出した」などと説明している. 任天堂によると、宮本さんは全世界で約2億7500万本を売り上げたスーパーマリオシリーズや「ゼルダの伝説」シリーズなどの人気作品を開発した. 宮本さんは「大変光栄です. 私とともにゲームを創ってきた仲間たちを代表して受賞させていただきます. 今後も一時期の流行にとどまらず、世の中のあらゆる世代の人々に楽しさを提供できるように努力したいと思います」などとする談話を出した. 同賞は過去にはネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領らが選ばれている. 昨年には東京電力福島第一原発の事故に立ち向かった日本の警察官や自衛隊員ら5人が平和部門で受賞した. 受賞者には5万ユーロ(約500万円)が贈られるという.
posted by AnzaiRanran at 14:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。